ANGELIUMとは

Blockchain Based Cross Reality Platform

ANGELIUMは、ブロックチェーンに基づいた次世代型クロスリアリティープラットフォームです。仮想現実、拡張現実は人類の次のステップであり、ANGELIUMはその遥かな地平線を照らし、あらゆるボーダーを越えて人と人とを繋ぎます。

プルーフ・オブ・レンダリング

ANGEIUMオリジナルブロックチェーン

3DCGで創造される仮想世界を創り上げることにはコストやスペックなど多くのハードルが存在していました。映画MATRIXの3DCGクリエイターによるANGELIUMブロックチェーンは、3DCGに特化したP2Pの演算処理をデバイスや回線速度の大きな人から小さな人へとシェアすることが可能になります。 

X Avatar

リアルヒューマンからデジタルヒューマンへ

ANGELIUMのXアバターは、140台の16Kカメラによって、モデルを360度から撮影し、3Dで再構築することにより、本人と全く同じアバターを仮想世界に登場させることを可能としました。

メタバース

ワンクリック先に広がる創造の仮想世界

ANGELIUMの仮想世界(メタバース)は、最新の3DCG技術の独自の組み合わせによって誕生しました。ユーザーは様々なクロスリアリティコンテンツを、まるで自分がそこにいて触れているように楽しむことが可能です。

XWALLET

ANGEIUMへのパスポート

Xウォレットはデジタル資産を管理するウォレットとしての機能に加えて、それ自体がAR(拡張現実)デバイスとなり、カメラを通してみる現実世界にバーチャルコンテンツを投影します。

ANL

クロスリアリティデジタル資産

ANLはANGELIUMの価値およびオーナーシップを代表する暗号資産です。また仮想世界と現実世界を跨ぐ決済手段でもあり、プラットフォームのエコシステムを形成する血液のような存在です。