ANGELIUM

Blockchain based cyber sexual platform

ホワイトペーパー

創業者・著者:

Rio Takeshi Kubo

 

共同創業者 :

Brett Hartshorn / Julio Andres / Katsuhiro Kataoka

 

翻訳 :

Angelium volunteer

目次

  • イントロダクション 01

    1. 原文
    2. 本書の目的
    3. Angelium実行委員会について

  • アダルト市場について 02

    1. アダルト産業の世界的ポテンシャル
    2. 日韓中が世界市場の76%を支配
    3. 日本のアダルトコンテンツ

  • 現状の問題 03

    1. アダルトビデオ女優強制出演問題
    2. パイレーシーにおける市場の減収
    3. 根底的な対策の不在
    4. ユーザー側が直面しているリスク
    5. まとめ

  • イノベーション 04

    1. 本プロジェクトの骨子
    2. ブロックチェーンとその関連応用分野
    3. アダルト産業の未来、サイバーセックス

  • ANLGELIUMとは 05

    1.『仮想空間ANGELIUM』『仮想通貨ANL』
    2. 『Angel』『Angelアバター』
    3. 『Angelトークン』
    4. 次世代デバイスへの将来的対応
    5. 現実世界の決済手段としての使用用途
    6. パートナーのマッチング

  • ビジネスモデル 06

    1. Online / 仮想世界において
    2. Offline / 現実世界において

  • 技術的側面 07

    1. 独自技術によるProof of work
    2. Mandelbrotの応用技術
    3. P.O.W. エコシステム
    4. Angeliumウォレット
    5. 開発機能一覧
    6. 技術的ロードマップ

  • 結論 08

    1. 現状に対するソリューション
    2. 流動性に対するソリューション
    3. ANGELIUMの社会的役割と貢献

  • イニシャルコインオファリング 09

    1. ドネーターについて
    2. オファリング内容について
    3. オファリング期間とタイムボーナス
    4. 発行予定の仮想通貨の割合
    5. 基本情報
    6. 取引所に関する方針
    7. 資金の使用用途
    8. オファリング期間中の特約事項
    9. ドネーターの特典

  • 運営者について 10

    1. ANGELIUM実行委員会
    2. コアメンバー

  • 重要事項 11

    1. 基本概念
    2. 仮想通貨について
    3. 技術面について

  • 追記事項 12

    1. 語意
    2. 参照、引用

01.イントロダクション

1. 原文

本書の原文は英語版であり、日本語翻訳版はあくまで理解を助けるために外部のボランティア翻訳チームが翻訳した参考資料です。 英語版と日本語翻訳版の間に意味の乖離がある場合は、英語版の意味を優先するものとします。

2. 本書の目的

本書は情報提供のみを目的として作成されたものであり、情報の内容についての正確性、完全性を保証するものではありません。また、本書はいかなる管轄区域においても、有価証券の売買の喚起、投資勧誘、投資助言として解釈されるものではありません。また、規制当局等による承認及び審査をうけているものではなく、本ホワイトペーパー(以下“本書” )の公開及び配布によって、関係法令及び諸規則が遵守されたことを示唆するものでもありません。本書に記載されているAngeliumプロジェクト(以下、“本プロジェクト”)に参加、またはドネーションを行おうとする人は、本書に記載されている何らかの行動をとる前に、本書の内容をよく理解した上で、専門家の助言を求めることを強く推奨します。

3. Angelium実行委員会について

本書は、イギリス連邦加盟国であるセーシェル共和国の法律に基づいて設立された会社であるNO BORDERS Corporationを中心としたAngelium実行委員会(以下、“実行委員会”または“私達”)の規約に従うプロジェクトであり、独自のブロックチェーン技術の応用に基づいたANGELIUMプラットフォーム(以下 “本プラットフォーム” )の仕組みについて主に説明します。将来において適用法で許可されており、本実行実行委員会にその準備が整った場合、当社は本分野専門家およびの意見を取り入れ監査法人の指導の元最も合理的な国に財団を設立することを意図しており(義務ではありません)、本仮想通貨に対するドネーションによって得た資金を、本プラットフォームの開発と運用のために、財団に寄付することを意図しています。本プロジェクトは、世界のアダルト産業の健全的な発展、透明性、効率性、それがもたらす健全な雇用の拡大を促進することを目的としています。

02. アダルト市場について

1. アダルト産業の世界的ポテンシャル

世界のアダルト市場は970億ドル(約10兆円)を超えています。その市場規模は世界のゲーム市場777億ドル(約8.3兆円)、世界の映画市場365億ドル(約3.9兆円)をはるかに凌ぐ巨大娯楽市場です。

インターネットをはじめとする新しいテクノロジーがその成長をリードしており、それを示す下記のような市場調査データが確認されています。

  • インターネット上の全サイトの12%はアダルトサイト。総数2464万4172サイト。
  • 検索エンジンにおいて一日の検索行動の25%、6800万件はアダルト画像関係。
  • インターネット上で実行される全ダウンロードのうち35%はアダルト関連。
  • 毎秒3075ドル64セント(約28万円)分、2万8258人がアダルトビデオを鑑賞。
  • 1日にやりとりされる全Eメールの8%、25億通がアダルトコンテンツを含む物。
  • アメリカにおいて某No.1アダルトビデオ女優の市場価値は30億円であり、同国のトップ女性アーティストの2倍の市場価値を持っている。
2. 日韓中が世界市場の76%を支配

世界のアダルト市場のトップ3位はアジアの中国、韓国、日本が独占しており、世界市場の76%に当たる737億ドル(約7兆8778億円)の市場規模があります。1位は中国のの271億ドル(約2兆8934億円)が全体の28%を占め、2位は韓国の261億ドル(約2兆7963億円)が27%、次いで日本は第3位で全体の21%である約203億ドル(約2兆1749億円)を消費しています。

3. 日本のアダルトコンテンツ

それら中国、韓国、日本を中心とするアジア市場において、主に消費されているコンテンツの大部分は日本のアダルトコンテンツであるとされており、その割合は90%を超えているとも言われています。著名国際ジャーナリストであり、世界のアダルトメディアに深い見識を持つアンドリューブラウン氏はこのように日本のアダルトコンテンツの魅力を語っています。「昨今、欧米やアジアでは日本のアダルトコンテンツは大変な人気を博しています。その理由は、まず美人女優が多いこと。アジア人であれば、似通った容姿に親近感を抱きますし、欧米人にはまさに東洋の神秘という魅力があります」

03. 現状の問題

1. アダルトビデオ女優強制出演問題

その反面、2016年3月に国際人権NGOヒューマンライツ・ナウが報告書で発表して以来、日本では、一部の女性が意に沿わずにアダルトビデオに出演させられているという現状が報告されて社会問題化しており、日本政府の本格対応のもと、業界全体が営業の健全化を要求されています。これらの状況が発生した大きな理由として、根本的なモラルハザードに加えて、この数年の日本のアダルトビデオ産業自体の市場縮小と減収減益が、強引な利益追及の風潮を加速させているという見解が確認されています。

2. パイレーシーにおける市場の減収

世界的にコンテンツ業界はパイレーシー問題(海賊盤や違法アップロード)に対して厳しい戦いを強いられており、オンライン動画に関して、2013年の時点で年間1600億ドル(約17兆円)であった損害が、2020年までに最大6440億ドル(約68兆円)にまで拡大すると予測されています。また、その内の25%から30%がアダルト動画コンテンツであると言われており、動画分野において、最も深刻にパイレーシーの被害を受けている分野の一つです。ある大手メーカーが行った調査では、自社の人気新作動画が、違法サイトなどにより、1作品あたり1ヶ月で実に1000万回のダウンロードがされていたとの報告があります。この単価が仮に3ドルであるとするならば、実に3000万ドル(約32億円)の損失が発生しているという非常に深刻な状況が確認されています。

これらの影響により、日本のアダルトビデオ業界の売上は年々減少し、それに伴い出演女優が得られる報酬も大幅に減少しています。数年前は1作品の出演の報酬が数千万円に上る例もありましたが、現在はその10分の1程度に下落していると言われています。

3. 根底的な対策の不在

本産業の関係者は、これまで正規に支払いを行なっていたユーザーが、さらに違法コンテンツに流れてしまったらどうなるか深刻な懸念を募らせています。会社同士の低価格化競争、コンテンツ価値の下落、人材の離隔とそれに伴う上記のような強引な人材の確保などが懸念され、最終的には産業自体の継続に影響するとまで懸念しています。一方、これらパイレーシーは完全な撲滅が不可能であり、対策コストも高いため放置されることが多く、コンテンツ制作側、プロダクション、出演する女優は、これらの影響を受け、産業の存続のためにも新たな収益源の創出の必要に迫られている現状があります。

4. ユーザー側が直面しているリスク

一方、なぜそのような違法サイトが成り立つのかにも理由があります。それらのサイトは、ユーザー自体を様々な危機にさらすことにより得る収益によって成立しています。コンテンツを違法に無料で提供する代わりに、サイト運営者は、フィッシング詐欺、

ワンクリック詐欺、架空請求、偽ソフトウェア配布、偽サイト、不正改ざん、サイバーアタック、個人情報の不正取得など様々な方法でユーザーが気づかぬ攻撃をしてます。

大手アダルト系海賊版サイトにおいては、同サイトを経由して、フィッシングサイトなどのいわゆる「危険なサイト」へとユーザーが無意識アクセスしているケースが、30日間で2000件以上発見されたという例もあります。こうしたサイトを利用することで、ユーザーは、間接的にアダルト産業の破壊に加担してしまうのみでなく、自身も多大なリスクを負っており、健全なエコシステムとは到底言えない現状を抱えています。

5. まとめ

上記のような状況にも関わらず、日本では現在でも年間2000本もの作品が作られ、毎年500人の女優が毎年デビューしていると言われており、圧倒的な社会的需要が本産業の底力となっていることは紛れもない事実です。仮に日本のアダルトビデオが無くなってしまったら、その様々な影響は計り知れないものになるでしょう。

短絡的に、このような問題のある産業それ自体が無くなってしまえばいい、という声もありますが、その反面、日本に対して、アメリカでは100倍、韓国では50倍の強姦事件が発生しているという現状があり一部には日本が世界でも稀に見る性産業に対する寛容な姿勢が、間接的に女性を犯罪から守ることに寄与している可能性もあるとされています。実際の例として、日本で戦後、売春防止法を施行した翌年、強姦件数が1.5倍に跳ね上がったため政府は規制を取りやめたという実例もありました。

結論として、現在求められているものは本産業の根絶ではなく、『革新的なソリューション』であると言えるでしょう。アダルト産業は、人間の三大欲求(食欲、性欲、睡眠欲)の一つである人間の性欲に深く根ざしており、様々な側面を持ちながらも時代と共に成長し続け、高い消費力に支えられて技術革新をリードし、市場に潤沢な利益を生み出す、類まれな巨大産業であり、また多くの人にとってそれらは必要不可欠なものです。

私達は、その『革新的なソリューション』の一つとして、新しいテクノロジーの複合体である、本Angeliumプロジェクトを世界の市場に提案します。

04. イノベーション

1. 本プロジェクトの骨子

を『Angeliumプロジェクト』は、この巨大な市場とそれが現在直面している上記の様々な問題に対し、独自に開発した2つの革新的な技術を元に、具体的なソリューションを段階ごとに提示します。ブロックチェーン技術にストリーミングや3D映像レンダリングをハイブリッドさせた「Angeliumブロックチェーン」と、従来の仮想通貨ウォレットの中で動画、ストリーミング、チャットを含む完全なプライベートインターネットアクセスを可能にした「Angeliumウォレット」が、アダルト産業に新しいOtoO、つまり現実のマーケットと仮想世界のマーケットの、次世代のインタラクトを実現にします。現実世界のより豊かなセクシーな体験と、未来のアダルト産業「サイバーセックス」を実現する『仮想世界ANGELIUM』のプラットフォームが、コンテンツ提供者とそれを支えるユーザーを結び、エキサイティングかつ健全な新しいコミュニティとエコシステムを形成し、豊かなアダルト市場の加速を促進させ、すべての人に豊かでセクシーなライフ提供したいと考えています。続く各項においてその具体的な詳細を記します。

2. ブロックチェーンとその関連応用分野

ICTや金融業界の最新トレンドのひとつで、金融ビジネスを一変させるともいわれる「FinTech(フィンテック)」とは、人工知能(AI)やロボット技術など、一見すると金融分野には無関係とも思われてきた技術を駆使して、先進的な金融サービスの提供をめざす取り組みです。特に、オープンな金融サービスを実現する有望な技術の1つとして現在最も注目されているのが「ブロックチェーン」です。昨今その知名度を増す原因となった『ビットコイン』を支える技術として一躍脚光を浴び、アイデアの革新さに加えて、幅広い用途への応用が可能なことから、ブロックチェーンのもたらすビジネスインパクトに、全世界の多くの企業が注目しており、それは巨額の投資を呼び込みながら、金融サービスを中心に応用分野への実証実験など、さまざまな動きが活発化しています。私達はこれをアダルト産業と掛け合わせることによって、新しいサービスを提供することに着想しました。

3. アダルト産業の未来、サイバーセックス

まず、私達が現在想像すべきは、本アダルト産業の未来の姿です。未来技術を使ったセックス産業、『サイバーセックス』に関して、イギリスの未来学者、イアン・ピアソン博士や専門紙Bondara reportは、未来のアダルト産業に対し下記のような予測を行なっています。 

  • 2030年までにはほとんどの人が バーチャルセックスを体験する。
  • 2030年までには、VRコンタクレンズが一般的になる。
  • 2030年あたりには、神経との相互リンクが可能になる。
  • 2050年には、ロボットとのセックスのほうが一般的になる。

ここにその興味深い予測の詳細を記します。

  • 「2030年までには、VRコンタクレンズが一般的になり、大掛かりなヘッドセットではなく、網膜上に直接、高解像度のグラフィックを映し出すことが可能になります」

つまり理想のセックスの相手を目の前の世界に映し出したり、想像されるあらゆる状況を目の前に作り出し、それを楽しむことができるようになります。

  • 「神経との相互リンクとは、神経の経験をデータ化することで、最高のセックスの感覚を記録し、肌感覚などを含めて再生可能になります」

「それは例えば遠距離にいる恋人とも感覚を伴ったセックスをする事を可能にします」

それは視覚だけにとどまらず、あらゆる五感と『快感』を、デバイスを通じて得られるようになることを意味します。

  • 「現在、人々は既に音声認識が可能なセックスドールを使い始めています」 
  • 「人工知能が発達して人間のレベルに近づくほど、それは『感情』に近づきます」
  • 「ロボットの外観はカスタマイズ可能なので、自分の好みの異性を投影できます」

こちらは仮想空間ではない実際の現実世界で、アンドロイドが人間の性欲を満たす1手段としても実用されていくことを意味しています。

既に巷では、その先駆けとしてアダルトVRが急成長を遂げており、様々な次世代デバイスの研究がなされています。上記のような未来はその明確な延長線上にあります。

本プロジェクトは、「①アダルト産業」と、それに対する「②ブロックチェーン応用技術」「③サイバーセックス」各分野のスペシャリストが集まり、未来のサービスから逆算して現在のマーケットのニーズにもマッチしたサービスを行いながら、段階的に、革新的ソリューションを市場に提供していく予定です。

05. ANGELIUMとは

1.『仮想空間ANGELIUM』『仮想通貨ANL』

Angeliumとは、独自のブロックチェーン技術の上に構築された、次世代のアダルト産業である『サイバーセックス』を実現するための多機能OtoOプラットフォームの総称です。ユーザーは独自のウォレットである「Angeliumウォレット」を所持し、そこから『仮想空間ANGELIUM』へとアクセスします。『空間ANGELIUM』における全ての経済活動の基本は仮想基軸通貨Angelium(通貨記号 : ANL)によって行われ、ユーザーはANLを使うことにより、様々なサイバーセックスに関連するサービスを享受することが、オンライン、オフライン双方で可能になります。

2. 『Angel』『Angelアバター』

『仮想空間ANGELIUM』には、住人である「Angel」が存在します。「Angel」は実在の人物(例えば著名なセクシー女優)にペッグされた存在です。「Angel」はAngelium Ver.1.0 – 2.0にかけては実在の人物のイメージであり、現実に基づいたサービスやコンテンツのみが可能ですが、Ver. 2.5においては仮想世界においての姿である2.5次元の『Angelアバター』が並行して登場し、Ver. 3.0では、3Dの世界に再現されます。Ver. 3.5では、ユーザーはVRデバイスを用いることにより、「Angel」と一緒に仮想世界ANGELIUMの中に居る感覚を得ることができます。

3. 『Angelトークン』

各「Angelアバター」は「Angelトークン」と呼ばれるそれぞれ独自のトークン(以下、“トークン”、“本トークン”)で構成されており、トークンには実在のAngelに基づいた名前がつけられています。技術的には「Angelトークン」はANLのチャイルドトークンとして機能します。ユーザーは自身が保持しているANLを使用して、自分の好みのAngelの「Angelトークン」を購入し、それを消費することで「Angelアバター」が提供する様々なサービス、および現実世界の「Angel」が提供するサービスを享受することが可能になります。

(例)

  • セーラというAngelがいる。現実世界では同名のセクシー女優がいる。
  • 仮想世界ANGELIUMの中では3DのAngelアバター、『セーラ』が存在する。
  • Angelアバター『セーラ』は、セーラトークン(仮単位:SL)と呼ばれるトークンによって構成されている。
  • セーラトークンの価格を仮に1ANL=10STとする。
  • ユーザーはSLを消費することにより、例として下記のようなことが可能になる。

(Online = 仮想世界)

  • 100ST:Angelアバター『セーラ』を自分の3D空間ウォレットに保有。
  • 1ST:『セーラ』のヴァーチャルネグリジェを購入して着せる。
  • 200ST :『セーラ』の稼働アクションを増やすことができる。
  • 500ST :『セーラ』に、実際のセーラの肉声によってユーザーの名前を覚えさせ、音声で呼ばせることができる。
  • ユーザーはセーラトークンを消費することにより、自身のセーラアバターの機能やセックス内容をアップグレードしていくことができる。
  • 将来的にアバターセーラにはAIが搭載され、複雑な相互交流が可能になる。

(Offline = 現実世界)

  • 10万ST :現実世界のセーラと1対1のウェブカムチャットができる。
  • 20万ST :現実世界のセーラと実際のディナーをすることができる。
  • 100万ST :現実世界のセーラと1日デートすることができる。
4. 次世代デバイスへの将来的対応

将来的には感覚デバイスにも対応することにより、嗅覚や触覚なども得られることとなり、また様々なアダルトデバイスにも対応することにより、さらなるリアルな快感を得ることを可能とする予定です。

5. 現実世界の決済手段としての使用用途

ANLは、各国における様々なアダルト産業に関連する企業と提携することにより、現実世界においても様々な、フィジカル、デジタル双方の売買においての決済手段として用いることが将来的に可能です。現実世界で使用される機会が増え、流動性が増すことによりANLの価値は上昇していくことが予測できます。

6. パートナーのマッチング

「Angeliumウォレット」の機能の一つとして、Angelが発信するストリーミングやチャットに限らず、所持者同士の双方向チャット機能が搭載されています。今後これはフリーミアム型のマッチングアプリケーションとしての機能解放を予定しています。

06. ビジネスモデル

本プロジェクトは、ユーザーに豊かなサービスを提供すると同時に、コンテンツホルダー、Angel、そして本プラットフォーム自体に様々なビジネスの機会を提供することが可能です。

1. Online / 仮想世界において
  • Angelアバターを製作する際、認知度など一定の条件を満たすAngelは、アバター製作に関するライセンスフィーを得ることができます。
  • アバターが行う上記の有料のサービスが消費される度にその収益がシェアされます。
  • ユーザーはバーチャルストアにおいてAngelに関連する様々なアイテムを購入した際、その収益がシェアされます。
  • コンテンツホルダーやブランドは、仮想空間内に店舗を持ち魅力的な仮想プロダクトを販売することによりその利益を得ることができます。
  • コンテンツ提供者の有料コンテンツ(動画、ストリーミングなど)が消費された場合、その収益がシェアされます。
  • ユーザーがストリーミングを通じてデジタルギフトなどを送る、またプライベートチャットなどをオファーするなど特別なメニューをオーダーした場合、その収益を得ることができます。
  • チャイルドトークンはプリペイド形式であるためそれがユーザーに購入される事にその収益を得ることができます。
2. Offline / 現実世界において
  • ユーザーが現実のAngelが稼働するサービス(パブリックミーティング、プライベートミーティングなど)を享受した際その収益を得ることができます。
  • Angelやコンテンツホルダーは、フィジカルの物販を行うことができその収益を得ることができます。
  • アダルト産業に関連する様々なストアにおいて決済手段として使用された際その取引手数料が得られます。
  • マッチング機能が解放された際、フリーミアム性でのサブスクリプションで、ユーザーがより高度なコミュニケーションを相手と求める際、有料課金としてプラットフォームに収益が発生します。

07. 技術的側面

1. 独自技術によるProof-of-Work

私達の発行する仮想通貨ANLは、仮想世界ANGELIUMを実現するための新しいProof -of-Work機能を備えています。ここにおけるWorkとは、ピアネットワークによってオンデマンド形式でストリーミングされる、3Dの仮想空間を構築する為のmeshとテクスチャの演算を意味します。Workに対する報酬は、新しいエリアの演算を行ったプレイヤーに対してANLが生成され付与されることを指します。仮想世界ANGELIUMはMandelbrotフラクタルに基づいて構成され、新しい演算、より高解像度の演算などがなされた時にProof-of-Workが適応されます。

2. Mandelbrotの応用技術

Mandelbrotセットは2次元の複雑なフラクタルです。3D空間における高度なディテールの演算は、高い演算量と長い時間を必要とするため、Mandelbrotジオメトリーとテクスチャを創り出すことはProof-of-workと見なされます。

私達は、①ピアネットワークからオンデマンド形式でストリーミング、または②ローカル環境で演算されたものがネットワーク上に送信され他者のために認証およびキャッシュされることを通じて、Mandelbrotジオメトリーとテクスチャの演算が行われる事を目的とした完全なpeer-to-peerモデルを開発しました。

もしMandelbrotゲームマップの未知の領域がプレイヤーによって捜索された場合、彼らは、それらのエリアのMeshとテクスチャをローカル環境で演算します。それらのデータはキャッシュされ、ピアネットワークにより認証された場合、Proof-of-Workの報酬としてANLが与えられます。照会が素早く簡単な、他のProof-of-Workシステムに対して、Angeliumのモデルにおいては、ピアネットワークはMandelbrotセットの新たな部分をそれぞれ認証するために等しいWorkを行う必要性があります。

私達はベーシックヒューリスティックス、画像解析、機械学習によってこの問題を解決します。3D空間上のMandelbrotフラクタルはパーツごとに組成され、それぞれのパーツごとにANLによって報酬が与えられます。Mandelbrotは、3D空間上の人物およびそのディテール、ボディパーツ、衣服や装飾品などの追加アイテム、建築物など巨大なフラクタルスペースを内包しています。

容易にモディファイが可能であり完全にスクリプト化が可能な仮想空間上の土地を長い年月に渡って販売する事で成功を収めたSecondlife.comのように、私達は豊かなバーチャルセックス経験に必要なあらゆる要素をMandelbrotフラクタルスペースにて販売します。

3. P.O.W. エコシステム

ユーザーは、ほとんど無意識のうちにこの仮想空間を楽しみ尽くすことで彼らの演算処理とバンドウィッチのリソースを用いて仮想空間の発展に貢献しており、その報酬として新たなANLが発行されるという理想的なエコシステムが構築されます。特にロースペックなデバイスを持つユーザーには、従来のレンダリングに比べその恩恵を強く感じることができるでしょう。

4. Angeliumウォレット

Angeliumウォレットは、業界初となる、プライベートなウェブブラウジング、Peer to Peer 動画ストリーミング、Peer to Peer 3Dレンダリング機能を備えた新しい発想の仮想通貨ウォレットです。限りなく万全のセキュリティが施されたウォレットはユーザーのプライベートで安全なブラウジングを提供し、様々なコンテンツに対しウォレットからの支払いがシームレスに行われ、独自技術により、従来より大幅にブラウジングの速度を上昇させ、サーバーの負担を軽くしてコストを圧縮することが可能です。

またこのユーザーは恋愛に興味のあるユーザー同士をマッチングさせ、コミュニケーションやプライベートチャット機能が搭載されます。基本機能は下記の通りです。

  • 3Dマトリックス機能
  • ライブストリーミング機能
  • ユーザーマッチング / ウェブカムチャット機能
  • コンテンツブラウジング機能
  • デジタルストア機能
5. 開発機能一覧

現段階においてAngeliumが提供するの技術およびサービスは以下の通りです。

  • Litecoinブロックチェーンをベースにした独自のAngeliumブロックチェーンの開発とそれを用いた仮想通貨Angelium(通貨記号:ANL)の発行。
  • Angeliumブロックチェーン技術を応用したアダルトコンテンツプラットフォームの開発とそれに付随する一連のサービスのデザイン。
  • Mandelbrotを応用したProof-of-Workの研究と拡張。
  • GPU、CPU、ASICによるマイニング。
  • ANLとペッグされたチャイルドトークン「Angelトークン」の作成。
  • 既存アダルト産業においてANLを用いた決済手段の提供。
  • クローズドなサービスへのアクセス技術を持つ独自のAngeliumウォレット。
  • Angeliumウォレットよりアクセス可能な『仮想空間ANGELIUM』。
  • コインデポジットインシュランス機能。
  • ウェブカムによるストリーミングアクセス機能。
  • 5年間のセキュリティーメンテナンス保証。
  • Windows, Mac, Linux, android, iOS上へのウォレット対応。
  • Windows, Mac, Linuxタスクバーインテグレーション。
  • 3Dアニメイテッドスキャンとモデリングによる「Angelアバター」組成。
  • Pythonによるゲームロジックとアニメーションの導入。
  • 「Angelアバター」における音声機能の導入。
  • AIによる「Angelアバター」の自律制御。
6. 技術的ロードマップ

現段階においてAngeliumプラットフォームの開発スケジュールは下記を予定しています。

  • 2017.11:プロジェクト発足、コアシステムデザイン開始
  • 2017.12:Angeliumブロックチェーンと P.O.W.対応の研究
  • 2018.01:上記技術の基本試験成功。独自ウォレットの開発
  • 2018.02:仮想通貨Angeliumとウォレットに3D機能搭載の試験成功
  • 2018.03:3D仮想空間設計
  • 2018.04:ストリーミング機能開発
  • 2018.05:UI、UX開発
  • 2018.06:女優3Dモデリング、モーション
  • 2018.07:プロダクト最終テスト
  • 2018.08:Angeliumウォレット配布、ANL配布
  • 2018.08:Proof of Rendering / Streaming 開始
  • 2018.10:VR対応版リリース
  • 2018.11:AngelアバターAI機能搭載実装テスト
  • 2018.12:AI対応版リリース

08. 結論

1.現状の問題に対するソリューション

我々が創出するサービスは全て公正で安全なブロックチェーンの上に構築されてゆき、コピーや違法行為が事実上不可能な仕組みとなっていますので、海賊版や違法アップロードなどの影響を受けない為、現在それらの原因による収益性の低下に悩まされるコンテンツ提供者側に対しては、複製不可能なコンテンツによる新しいレベニューストリームを創出するします。次世代の3Dソリューションは、従来生身の人間のみがコンテンツとなる上で伴っていた様々なフィジカル、メンタルにおけるリスクを無効化する画期的な手段です。今後2Dのデジタルコンテンツはその価値が希薄化してゆく可能性もありますが、私達が取り組む、ブロックチェーンを応用した現実世界と仮想世界をペッグする新たなOtoOの新分野は高いポテンシャルを持つ新成長分野であり、コンテンツ提供者やに対し将来の豊かな経済活動、企業活動を提供でき得る可能性を持っています。

2. 流動性に対するソリューション

新しい仮想通貨が市場に現れる際の最大の問題は、ユーザーの大部分が実生活においてそれらを使用する必要性がほとんどない、という事実です。私達のANLの場合、ANLを持つ人々は、ほぼ全てが人間として根本的に性の欲求を満たしたいという願望を持っており、その中の多くは何らかのアダルトコンテンツを消費する機会が日常的にある人達でしょう。ANLは、『仮想世界ANGELIUM』またその他オンラインやオフラインにおいて、日常的な豊かな性体験サービスに効率的に使用できるという仕組みがあるため、自然にその仮想通貨の存在意義と需要、そして流動性が発生するよう設計されています。

3. 社会的役割と貢献

Angeliumが描くのは未来のアダルト産業です。人間の3大欲求として必須とされる貴重な性産業に、様々なリスクを負いながらもコミットする女性達を尊厳を以って守り、彼女らを支えるサポーターと彼女らを技術革新でつなぎ、価値を最大化し、現実世界に加えて仮想世界でも豊かな経済活動が行える環境を創出することです。性産業に従事する女性は、社会的に誤解を招き易く、精神的な負担に対して収入が低く、貧困国に未だ散見される強制的な性産業従事など、決してバランスの取れたシステムとは言えませんまた一定の年齢を越えれば収入が激減するなどの問題もあります。私達は、本プラットフォームを通じて多岐に渡る経済活動の場を提供、促進し、少しずつ次世代性産業への移行を推進し、より良いエコシステムを目指し社会に貢献したいと考えています。

09.イニシャルコインオファリングについて

1. ジェネシスドネーターについて

本プラットフォームの開発と発展、運用に対する貢献意志があり、ドネーションを行う意志のある人を私達はジェネシス(創始期の)ドネーター(寄付者)と称します。本仮想通貨は現段階では価値の保証がないため、あくまでプロジェクトの賛同者としてプロジェクトにドネーションを行う代わりに、以下の特典を享受することが可能です。

2. オファリング内容

ドネーターに対して、本実行委員会は、イニシャルコインオファリング(以下”オファリング”)を実施します。オファリングにてドネーターより送付された暗号通貨は、Angeliumプラットフォームの構築および推進に使用され、それらによって市場に新しい需要を生み出すための予算に使用されます。

3. オファリング期間とタイムボーナス

オファリングは2018年3月30日00:00(SGT)に開始され、2017年7月31日23:59(SGT)または初期発行上限数に到達次第終了します。ドネーターは、0.05BTCによるドネーションに対して、50ANLを取得します。また、オファリング中には以下のように、早期に参加するドネーターに対してタイムボーナスが付与されます。

 

<タイムボーナス>

  • プリセールにおけるタイムボーナス量は5段階で設定されます。

  • それぞれの段階に100万, 200万, 300万, 400万, 1000万ANLが割り当てられます。

  • 各フェイズの割当がなくなり次第、次のフェイズに移行します。

<ボリュームボーナス>

多くのボリュームを購入した人により多くのボーナスが発行されます。

詳しくは公式ウェブサイトにて最新価格やボーナスプランを確認できます。

4. 発行予定の仮想通貨の割合

オファリング時のドネーター募集に対する初期発行数の上限は1000万ANLとし、上限に到達次第募集を締め切ります。また、その為下記の割り当てがANGELIUMの初期発行総数となります。

  1. 2000万ANL  = オファリングに参加したドネーターの購買上限  
  2. 2000万ANL  = Angelium実行委員会 
  3. 1000万ANL  = 事業拡大、提携、また有事の際のデポジットとして留保

以降の3400万枚がマイニング、独自のProof of Rendering , Proof of Streamingによる新規発行対象となります。

5. 基本情報
  • 仮想通貨名 Angelium
  • 通貨記号 ANL
  • ブロックチェーン Litecoin base + Proof of Rendering & Streaming
  • 総発行総量  84 million ANL
  • オファリング上限 20 million ANL
6. 取引所に関する方針

適用法によって許可されている場合、本実行委員会は本仮想通貨の発行後、合理的でありかつ実行可能な場合に限り、本実行委員会の安全判断基準に沿った仮想通貨取引所においてANLの取引を可能にするよう努めます。

7. 資金の使用用途

オファリングによって得られた資金の使途は以下の通りとなります。

  • Angeliumプラットフォームの開発とアップデート。
  • Angeliumウォレットの開発とアップデート。
  • 仮想通貨Angeliumの開発とアップデート。
  • Angeliumチャイルドトークンの開発とアップデート。
  • Angeliumプラットフォーム上に展開されるコンテンツの充実。
  • Angeliumの発展に必要と考えられる企業とのパートナーシップやM&A。
  • Angeliumに関連するサービスのPRとマーケティング。
  • Angelium財団の設立環境の整備。
  • 適切な仮想通貨取引所における円滑な上場プロセスの整備。
  • プラットフォームの他言語化とサポート体制の整備。
  • 国際的な財務、法務体制の整備。
  • 上記全てに必要とされる優秀な人材の積極的な確保。
  • 特定の地域における性環境の整備や性教育などの社会貢献。
8. オファリング期間中の特約事項

Angelium実行委員会は、オファリング期間中にもドネーターより得た主要暗号通貨による基金の一部を、オファリング期間中においても、事業の円滑な推進を可能にするために使用する権利をもつものとします。またその使用基準はAngelium実行委員会に委ねられます。

9. ドネーターの特典

オファリング期間中にドネーションをおこなった人はドネーターの権限を得ることになり、今後Angeliumプロジェクトが進行するにあたり下記のような様々な特権があります。

  • タイムボーナスおよびボリュームボーナスの付与
  • Angelのチャイルドトークンが発行される際の優先取得権
  • 今後発生する可能性のあるボーナス、エアドロップ、将来起こりうるフォークなどの機会の優先取得権

オファリング期間終了後、新たな人がドネーターになることは出来ません。オファリング期間中に参加したドネーターのみの特権となります。

10. 運営者について

1. ANGELIUM実行委員会

2017年に発足したANGELIUM実行委員会は、本プロジェクトに深い理解を持ち、その実行に必要な様々な専門分野の知識、ノウハウ、技術、実績を持つ最適な人材が集まった集団です。USAにおいてビットコイン最初期よりブロックチェーンの研究を行い、それを3D空間技術への応用に成功した開発者、仮想世界の代名詞でもある映画『MATRIX』において3Dデザイン、3Dアートを手がけたチーム、日本のアダルト産業にて15年以上の経歴をもちトップのメーカーを率いてきたチーム、アダルトVRにて現在トップのセールスを誇る、サイバーセックスのノウハウを熟知したチーム、時価総額1500億円以上の仮想通貨のICOを成功させた韓国のチーム、アダルト産業世界1の消費を誇る中国へのマーケティングに特化したチームを備えており、未来のアダルト分野に対してNo.1かつ、Only.1の地位を確立できるポテンシャルを持っています。

2. コアメンバー
Rio Takeshi Kubo (創業者)

国際的に活躍するエンターテイメントプロデューサー。200公演を超える4度のワールドツアーを開催、著名映画やアニメの楽曲提供、国際文化賞受賞。日韓中の政府友好記念会公演等多数。

Brett Hartshorn (最高技術責任者)

ブロックチェーンを基盤とした3D空間技術およびウェブインテグレーションウォレット考案者および開発者。映画「MATRIX」3Dアーティスト、特殊効果アーティスト。その他映画「Bless the child」など担当。

Tomoki Taki (最高コンテンツ責任者)

日本最高の売上を誇るアダルトVR企業はじめトップセールスを持つレーベルを6つ束ねる会長。その他アジア中に展開する飲食業や、A.I.関連企業のオーナーとしても活躍。

Ma Yue(中華圏エリア最高マーケティング責任者)

(社団法人)日中韓アジア新産業振興協会、副理事長/中国代表。日中韓を中心とした、フランチャイズ機関、投資機関のオーナーであり、またアンチエイジング事業、ハイテク事業、娯楽事業分野においても韓、日、米のプロダクトの中国マーケティングを担う。

Kevin Chang(韓国エリア最高マーケティング責任者)

POSTECH(Pohang工科大学卒業。プロモーターとして海外のミュージカルの輸入、ビッグバン、キムへジュン等の中国やアジアへのプロモートを担当。

Julio Sachs (ゲームエンジンエンジニア)

UCSD物理学科卒業。ゲーム分野に特化したフィジカルアルゴリズムとコンピューテーション、Peer to Peer ウェブベース3Dビデオデータ専門家。

Ricky Lee (アドバイザー)

韓国音楽配信業界2位の上場企業KT MUSICの初代CEO。Yedang Entと韓国最大手のコングロマリットCJ E&Mの役員を勤め、韓国デジタルコンテンツ流通界の『四強』の一人。

11. 重要事項

将来予測について

本ホワイトペーパーに記載されているプロジェクトのロードマップ及び開発のタイムラインにつきましては現時点における予定であり、Angeliumの将来の業績や本トークンの価値変動予測については実際に記載のものとは大いに異なる可能性があリます。本ホワイトペーパーはAngeliumの将来の価値について、何ら保証するものではありません。

実現に対するリスク

本書は本書発行時におけるAngeliumのビジョンについて説明しています。私たち実行委員会は本書に書かれたビジョンを実現することに尽力します。しかしながら、その過程および結果は多くの要因に依存しており、達成されないリスクがあることを認識して頂く必要があります。

仮想通貨に対する理解

ドネーターは、本仮想通貨およびトークンが有価証券ではないこと、そしていかなる政府機関に対しても有価証券として登録されないこと、そのような取扱がされないものであることを認識し、理解し、それに同意するものとします。

法令・税制変更によるリスク

現時点において、ICO 及び仮想通貨、トークンに関する法令・税制は流動的です。将来的に、法令、税制又は政策の変更等により、 ICO が禁止、制限又は課税の強化等がなされ、本仮想通貨、本トークンの保有や取引が制限され、又は現状より不利な取扱いとなる可能性があり、この場合、ドネーターに予期しない損失が生じる可能性があります。

規制に関する不確定要素

ブロックチェーン技術、仮想通貨技術、私達の技術は、比較的新らしい技術また分野であり、世界の様々な規制機関の監督と管理の対象となり得ます。またそれらの状況は急激に変化する可能性があります。それ故に本仮想通貨がこれらの機関による要請や行動の対象となる可能性があります。これには本仮想通貨、本トークンの使用や所有に関

新産業分野であることのリスク

ブロックチェーン技術、本仮想通貨及びトークン、暗号通貨技術などは新しく、まだ実証が進んでいないテクノロジーです。本書で言及したリスクに加え、私達が現時点で予想できない、追加のリスクが存在します。これらのリスクは、本書で記述したリスクとは異なる形で表出する可能性があります。

購入、保有に関して

ドネーターは、本仮想通貨およびトークンの所有権を保有することによって、仮想通貨Angelium、Angeliumプラットフォーム、Angelium実行委員会とそこに参加する法人、将来的に創設が予定されているAngeliumファウンデーション、またはその他のAngeliumに関連するあらゆる財産の全体または一部における権利、利子、権限、利益、配当が得られることはありません。

返金の不能

ドネーションによって集まった資金に対し、本実行委員会はANLをドネーターに発行しAngeliumブロックチェーンに記録されその存在は証明されます。それ以降はいかなる理由や状況下においてもドネーション資金の返金はできません。

終了に関するリスク

また、本実行委員会がやむをえぬ理由により終了、解散した場合、本仮想通貨およびトークンが破棄や回収の対象となった場合、本仮想通貨およびトークンの役割が満了が発生した場合において、利益、収入またはその他の支払いや配当を受け取ることは確約されていません。

本仮想通貨は投資財産ではない点

本仮想通貨は公式に認められる、あるいは法的に拘束力のあるいかなる種類の投資財産でもありません。予期できない状況の発生した場合、本書に述べられた目標は変更されることがあります。ドネーションを行う人物や団体は自己責任で行うことになります。

収入や利益に対する保証の不在

本仮想通貨およびトークンの価値が上昇する保証はありません。本仮想通貨およびトークンの価格が、予期できない事由、開発者の制御を越える事象、仮想通貨市場、実経済市場の大幅な変動、その他不可抗力等により、下落しない保証は等はありません。

発行される仮想通貨及びトークンに内在するリスク

本仮想通貨およびトークンは、法定通貨(米ドル、英ポンド、ユーロ、日本円)等の法定通貨ではありません。また、特定の個人、法人、団体によりその価値を保証されているものではありません。また、プログラムのバグ等、本仮想通貨やトークン自体にリスクを内在している可能性があります。

価格変動リスク

一般的に、仮想通貨の価格は、仮想通貨発行者の業績もしくは事業計画の成否、物価、外国為替市場、証券市場等の他の市場の動向、 天災地変、戦争、政変、規制強化、他の類似の仮想通貨等の普及、その他の将来予期せぬ事象や特殊な事象等による影響を受ける可能性があります。中でも、仮想通貨やトークンに顕著なリスクとして、それらの発行者の事業計画が当初の予定通り進捗しないことや頓挫すること、あるいは経営不振等により、仮想通貨保有者が保有する仮想通貨やトークンの価値が購入対価を大きく下回ったり、 無価値となったりする可能性があります。またその際、仮想通貨保有者が援助を求めることのできる民間または公共の保険機関はないことをご理解ください。

流動性リスク

本仮想通貨の市場動向や取引量等の状況により、取引が不可能もしくは困難となる、又は著しく不利な価格での取引を余儀なくされる可能性があります。特定の者により本仮想通貨の価値が保証されていない場合には、流動性を失うことにより、 本仮想通貨の価値も失われる可能性があります。

ネットワークによるリスク

仮想通貨の取引では、十分な取引確認(ブロックチェーンでの取引の認証)が完了するまで、取引が成立せず、一定時間保留状態が続くことになり、そのため、ネットワークにおいて十分な取引確認がとれるまで、顧客の取引が顧客の管理するアドレスへ反映されない可能性や、顧客の取引がキャンセルされる可能性があります。なお、仮想通貨は電子的に記録され、 その移転はネットワーク上で行われるため、消失のおそれがあります。

チャイルドトークンについて

チャイルドトークン作成者が本プラットフォーム上でチャイルドトークンを購入した者(支援者)に対して負った義務について、本プラットフォームはいかなる責任や義務も負いません。本プラットフォームは、チャイルドトークン作成者とその支援者の間の仲介者にすぎません。本プラットフォームの役割は、チャイルドトークン支援者に対して作成者のサービスを提供するプラットフォームを提供し、作成者にその対価を還元することのみです。私達はキャンペーン作成者の主張するサービス内容を保証しません。

チャイルドトークン作成者自身より受ける影響の可能性

チャイルドトークン作成者は現実の個人であり、私達は、その個人の行動、状況、環境の変化、法に触れる行為などへの関与には一切関与せず、またその責任を負うものではありません。また作成者が悪状況下に陥った場合、当該者のチャイルドトークン、ならびに本仮想通貨が大きな影響を受け、支援者が持つそれらの価値に影響が出るリスクがあります。

変更

本プラットフォーム、本仮想通貨の仕様、実装機能等は、今後、事前の告知なくして更新や変更がなされる可能性があります。

将来起こりうる技術革新によるリスク

今後起こりうる大規模な技術革新(量子コンピューターなど)によって、本仮想通貨がその価値に大きな影響を受ける、または危機にさらされるリスクがあります。

サイバー攻撃リスク

私達は最善のセキュリティ技術を以ってサイバー攻撃に備えていますが、それを上回る高度で大規模な攻撃があった場合、またドネーターに対してそれらが行われることにより、口座認証情報等が漏洩し、ドネーターが保有するトークンが無断で送付される等のリスクがあります。

Litecoinに関するリスク

本仮想通貨はLitecoinブロックチェーンを基に設計されています。そのため、Litecoinプロトコルの障害や誤作動により、本仮想通貨の取引ネットワークが期待通りに機能しない可能性があります。またLitecoinブックチェーンに重大なバグが発覚した場合など、本仮想通貨が大規模な影響を受ける可能性があります。

その他のリスク(但し下記に限られない)

ドネーションを行う際の払込みにおいては、第三者が本仮想通貨発行者等に成りすまして、不正な仮想通貨アドレスを表示して、 ドネーターが払い込む仮想通貨を詐取する可能性があります。

本書に書かれている内容に対しなんらかの行動を行う場合は、上記を十分に理解した上、自己責任にて行って頂く必要があります。またドネーションを行った場合、本書の内容は全て理解されたものとみなされます。

12. 追記事項

Angeliumブロックチェーン

Litecoinブロックチェーンをベースに、Angeliumプラットフォームに必要な新たな機能を追加して構築された独自のブロックチェーン技術。

Angeliumプラットフォーム

Angeliumウォレットとその中に構築される様々な機能を総称したエコノミーシステムプラットフォーム。

仮想空間ANGELIUM

Angeliumウォレットとその中に構築される3D仮想空間の名称。大文字で記載。

Crypto Currency Angelium(ANL)

本プラットフォーム上、また現実世界のオフラインオンラインにおいてもグローバルな決済手段としての用途を持つ予定の仮想通貨。

Angel

現実世界の実在の存在であり、ある場合においてはアダルト産業の著名な女優であり本プラットフォーム上でサービスを提供する人のことを指す

Angelトークン(チャイルドトークン)

各Angelが発行する、Angelの名称がついたオリジナルトークン。ANLとのみ交換でき、それを使用することにより当該Angelの様々なサービスを受けることができる。

Angelアバター

Angelを3D空間上に再現した擬似体。基本的にはAngelの3Dスキャニングとモデリングを基にデザインされる。

Angelium実行委員会

本プロジェクトを企画実行するために創設された最高意思決定委員会。

Angeliumファウンデーション

Angelium実行委員会がその機能を移すため設立を予定している財団の名称。

ドネーター

本プロジェクトに賛同しドネーションを行う人の呼称。

  • The Stats on Internet Pornography – Online MBA
  • By 2050, human-on-robot sex will be more common than human-on-human sex, – The Telegraph